忍者ブログ

借金ハラハラ日記

総額3000万円超の借金を抱えた両親と同居するアラサー女が呟いています。

カテゴリー「これまでのいきさつ」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


励まし募集中

原因①

 直接の原因は’95に購入したマンションだと思う。

中学生2年だった’94ごろ、ある日気がついたら自分名義の郵便貯金の残高に「-」とあったので、これ何?と母親に聞いて返ってきた答えが

「生活費が足りなかったからアンタの貯金を借りていた」

なーんだ、そうなんだぁと納得してしまった中学生の私。親が使っていた金額は30万円くらいだったかしら。
子どもだったが故に何の疑問も持ちませんでした。

しかし29歳になってやっと、これが恐ろしいことだと気付いた。
生活費の工面ができないのに分譲マンションを購入するなんて





の一言に尽きる。どんだけ浅はかなんですかウチの両親は……!!!
マンションに引っ越した後も「金がないから」と、月5千円の小遣いすら滞ることがありましたよそういえば。知らぬが仏とは正にこのこと。

そして恐ろしい記憶をもう一つ。

契約する段階で「頭金はどうする?」と今更なことを言っていた父親が本当に有り得ない。
その一言を聞いた母が、若い頃から貯めていた預金をそっと(?)出したんですが、金額はたしか200万円くらいでした(物件価格の10%以下)。
しかしその金額を見た父は「お前いつの間にこんなに貯めこんでたんだ?」と驚き(え、40代半ばでそれは少ないんじゃ…)、母は「私だって蓄えくらいあるわよ」と誇らしげに言い(じゃあなぜ私の貯金に手を出していたのか)、私は横で(よく知らないけど頭金って600万円くらいが普通だよねぇ…?)と少々疑問を持っていました。

今考えてみれば、そもそも両親は住宅購入を検討する資格がなかったんでしょうね。
先日、購入前に返済計画を立てていたのか母親に聞いてみたら「うーん…私はどんぶり勘定しかできないからねぇ…」と言っていたので、呆れることしかできませんでした。
計画性のない人間が住宅ローンを組んだ場合こうなるんだと痛感。

教訓:
返す当てのない借金をしてはいけません
PR

励まし募集中
 | HOME | 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[03/20 yumyum]
[01/24 必殺代理人]
[01/20 もも]
[12/19 もも]
[07/02 windy]

最新トラックバック

ブログ内検索

ご案内

借金苦な両親と同居するむぎ子が
二人のため息と貧乏ゆすりに
サスペンスを感じています。

プロフィール

HN:
むぎ子
性別:
女性
職業:
今をときめくフリーター
自己紹介:
さようなら20代、こんにちは30代。

スペック⇒両親と同居。貯金もなければカレシもなしという干物っぷり。

キャッシング残高

J社  310,000円
P社  92,927円
L社  完済!(総額218,895円)

合計 402,927円

11/10現在

へそくり

マクロミル   708P

ちょびリッチ 3,402P

11/10現在
Copyright ©  -- 借金ハラハラ日記 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ